メニュー

 

平成28年度社会実装プロジェクト学生研究会in小山~開催報告

 
主 催:社会実装プロジェクト実行委員会、イノベーティブジャパンプロジェクト推進室
主管及び会場:小山工業高等専門学校(栃木県小山市中久喜771)
開催日:平成28年8月29日(月)- 8月30日(火)
参加高専:16高専(連携校):一関高専、小山高専、東京高専、長野高専、沼津高専、和歌山高専、沖縄高専(協力校):函館高専、仙台高専、福島高専、鈴鹿高専、舞鶴高専、阿南高専、宇部高専、北九州高専、都城高専
参加チーム:44チーム(GI-netによる参加13チームを含む)

 
概要
 高専生の「コミュニケーション力」、「主体性」、「創造性」等を育成するための教育プログラムである「社会実装教育」を参加高専の学生チームが一年間にわたり実践する「社会実装プロジェクト」は平成28年度で最終年度(5年間)を迎えました。今回の「学生研究会in小山」は、平成29年3月に東京高専で開催する「社会実装教育フォーラム」の最終報告に先立つ中間報告として、事業連携校である小山高専の主管により同校で開催したものです。
 
1日目「学生研究会」(中間報告プレゼンテーション)
 1日目の学生研究会では、開会式に続き4会場に分かれて16高専の44チーム61名のうち台風10号の接近により不参加となった5チーム5名を除く39チーム56名の学生が、学習支援、生活支援、生物化学、建設現場等の社会に密着したテーマで今年度取り組んでいる社会実装プロジェクトの途中経過と最終目標等を発表しました。そのうちテレビ会議システム(GI-net)を利用したプレゼンテーションには13チーム22名が各校から参加し、大型モニターを通して研究発表及び質疑応答等を小山高専会場との双方向で展開しました。
 発表会を終了した学生たちは、17時過ぎから2グループに分かれて小山高専学生の案内で学内の研究室3か所を見学しました。移動を含み45分という短い時間でしたが、小山高専の研究施設及び学生の研究活動の状況等について理解を深める貴重な機会となりました。
 
2日目「学生研修会」(講演及びグループディスカッション)
 大型台風10号の接近による影響が懸念されたため、8月30日早朝の状況で2日目の開催を決定しましたが、交通網への影響等を勘案し、この間、参加チームの一部は引率教員等の判断により適宜、帰路につきました。
 2日目の学生研修会では、開会に引き続き、古屋一仁 東京高専名誉教授・前校長から「前事業推進代表者からの応援(社会からみた社会実装教育)」と題して講演をいただきました。古屋講師からは、教育界や産業界における社会実装教育に対する認識の広がり・人材育成への期待の深まり等について事例を紹介いただくとともに、参考書籍の紹介等を通じて、転換期を迎えた社会を若い世代が切り開いてゆくことへの期待を込めたメッセージが寄せられ、聴講した学生は、社会実装教育の実情と重要性等について改めて理解を深めるとともに、時代を切り開く意識の必要性等について認識を新たにしました。
  続いて、小山高専OBの土屋裕杜氏から「学生の視点から考えた社会実装プロジェクトの意義―図書館案内ロボット開発の軌跡―」と題して、在学中に社会実装プロジェクトに携わった経験等を基に講演を予定していましたが、台風接近の状況等に鑑み、今回は残念ながら中止とさせていただきました。
 そのため、以後の日程を繰り上げて、「グローバルな視点で考える社会実装」をテーマとするグループディスカッションを伊澤 悟 小山高専機械工学科教授の指導により実施しました。内容は、2日目に参加した学生が5チームに分かれて与えられた課題に対する各自の企画を提案した後、グループ内のディスカッションを通じてその具体化・製品化等に向けて課題を整理しながら検討するもので、最後にグループ別にプレゼンテーションして2日間の日程を終了しました。

 今回は台風10号の接近に伴い、日程及び内容の一部変更等を余儀なくされましたが、有意義な報告会となりました。参加学生は得られた成果を各校・各チームに持ち帰り、最終報告に向けた取り組みに反映させ、開発・研究や学習を効果的に進めることが期待されます。